れんが積み

原爆ドームの100歳のことテレビや新聞などちらほらと取り上げられていましたね。
4月5日の中国新聞の天風録にはドームのれんが積のことが書いてありました。
ドームのれんがは香川県で焼かれたものだそう。
れんがには積み方に特徴があり富岡製紙場はフランス式で原爆ドームはイギリス式ということも書かれていました。
広島の他のれんがの建物もイギリス式でした。
フランス式は華麗。イギリス式は堅牢と言われています。
a0070655_17554143.jpg

被服支廠
a0070655_17555877.jpg

広電本社兄弟
a0070655_17562466.jpg

a0070655_1756776.jpg

広島市郷土資料館
a0070655_175823.jpg

郷土資料館にはれんが積の展示があります。
イギリスとフランスの違いはこうです。
a0070655_17583137.jpg

a0070655_17584590.jpg




4日のAWHのお誕生日会イベントの様子が6日の朝日新聞に載ってました。
http://www.asahi.com/articles/ASH447H63H44PITB014.html


by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-07 18:20 | 建物探訪 | Comments(0)
<< ドゥオーモ①  ミラノ旅 原爆ドーム100歳のお誕生日 >>