海の博物館⑤ 内藤廣

収蔵庫
ここには木造船や網など漁民が生活で関わったものが収蔵されています。
薄暗くてひっそりとしているのですが収蔵物と建築の何ともいえない力強い気を感じます。
役目を終えた誇り高い船たちが並んでいる様は圧巻です。
ここは私の大好きな空間です。

a0070655_1131147.jpg
a0070655_11312185.jpg
a0070655_11313023.jpg
a0070655_1132043.jpg

a0070655_11314591.jpg

a0070655_1132774.jpg


鉄筋コンクリートで創った場合、水和反応しきれなかったアルカリ性の残留水分が収蔵物にダメージを与える心配があったためPCで創られました。
PCというのは工場で鉄筋コンクリートの部材を造り現場で組み立てる工法です。
広島の基町アパートの手すりもその工法が使われていますがここでは全ての架構をPCで造られています。


海の博物館
所在地: 三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
設計: 内藤 廣
竣工: 1989年6月

公開まちづくりセミナー2013  内藤 廣 講演会「建築と復興」

日 時:平成26年1月9日(木) 18:30~(開場:18:00)
会 場:広島YMCA国際文化ホール(広島市中区八丁堀7-11)
定 員:285名(定員になり次第締切)
参加費:無料
申し込み:申込書に必要事項を記入しFAXでお申し込み下さい。申込書は広島県建築士会のHPからダウンロードできます。
主催・問い合せ:公益社団法人広島県建築士会
TEL082-244-6830
HP http://www.k-hiroshima.or.jp/news/index.html

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-12-22 12:09 | 建物探訪 | Comments(0)
<< 海の博物館⑥ 内藤廣 海の博物館④ 内藤廣 >>