高松一宮住宅団地

丹下健三生誕100年記念事業のシンポジウムに参加のため香川に行きました。
丹下建築も見てきました。
a0070655_12492764.jpg
a0070655_12493258.jpg
a0070655_12494146.jpg
a0070655_12494944.jpg
a0070655_12495642.jpg
a0070655_1250817.jpg


丹下健三はシンボリックな建築というイメージだったので集合住宅を創っておられたのは今回初めて知りました。
一宮団地は2代目で初代も丹下健三が設計しています。
棟の配置がゆったりとしていて植栽も豊かで1階には専用庭があり個々に楽しまれていました。
個々の自由なスペースを想い想いに使っていることで単調な画一的な感じがありません。
車の入れない路地があったり小さい場があったりと豊かな空間でした。
人に寄り添った建築だと思いました。

丹下健三少し好きになったかも。
(今まで散々丹下丹下と騒いでいて好きでなかったの?と突っ込まれそうですが(笑)私は前川國男が好きです)

高松一宮住宅団地
設計:丹下健三
竣工:

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-08-19 13:08 | 建物探訪 | Comments(2)
Commented by 106 at 2013-08-20 07:27 x
先月、高松に行ったばかりですが知りませんでした >_<
今度行く時まで残っててくれるといいのですが...
Commented by yumily_sketch at 2013-08-21 10:56
106さん
こんにちは。あらー。とっても残念でしたね!丹下展に行かれたのかしら?
<< 高松一宮住宅団地 スターハウス カトリック与那原教会(聖クララ... >>