カトリック与那原教会(聖クララ教会)②

設計は片岡さんですがアメリカの設計事務所SOMの指導があったそうです。
窓の感じが広島の放射線影響研究所と似ていてアメリカを感じます。
a0070655_10595621.jpg
a0070655_110614.jpg
a0070655_1112537.jpg
a0070655_110137.jpg
a0070655_1102952.jpg
a0070655_1103850.jpg



とてもシンプルでかわいらしいステンドグラス。
窓がスチールなので錆びるのでメンテナンスが大変なのだそうです。
「アメリカの設計らしいのでね」
とシスターはおっしゃいましたが表情からは大変なことも手間がかかることもみんな受け止め大切に使おうとされている気持ちが伝わってきました。

愛されていますね。
沖縄でもまた幸せな建築に会えました(*^^*)


カトリック与那原教会(聖クララ教会)
竣工:1958年 
設計:片岡献


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-08-16 11:10 | 建物探訪 | Comments(2)
Commented by getteng at 2013-08-17 08:34
yumilyさん
とてもシンプルな教会で感じがいいです。
Commented by yumily_sketch at 2013-08-19 13:08
getteng さん
ここには清楚で清らかな空気が流れていました。
<< 高松一宮住宅団地 カトリック与那原教会(聖クララ... >>