目黒区総合庁舎

1976年竣工の村野藤吾設計「千里市民センタービル」解体が決まったという毎日新聞の記事を読みました。
大阪の村野建築は解体が続き寂しいですね。
ということで今日は先日見学した1966年竣工のばりばり現役の目黒区総合庁舎(・旧千代田生命本社 ビル)の写真です。
連続したファザードのデザインは村野建築の特徴です。
a0070655_1248873.jpg
a0070655_12481615.jpg

これも村野建築の特徴のひとつ。
地面から建物が生えてきたかのような足元です。
天井もアールです。
a0070655_12482789.jpg

a0070655_12484259.jpg




yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-05-25 12:56 | 建物探訪 | Comments(3)
Commented by sunagimo-confit at 2013-05-25 19:55 x
えーっ、なんで、こんな斬新な建物を・・・。維持費が大変って、他削っても、保存すべきでしょーっ!
Commented by yumily_sketch at 2013-05-26 09:40
sunagimo-confitさん
私の書き方悪くてゴメンナサイ!!
ここは現役で使われています。
解体されるのは千里市民センターです。
でもホントここ良いでしょう。
品があります。
Commented by sunagimo-confit at 2013-05-26 22:14 x
ああ、ホンマです。ごめんなさい。早とちりでした。でも、良かったァ~。千里市民センターも、見てみます。ありがとうございます。
<< 目黒区総合庁舎 お茶室 東京駅の保存復原 >>