歴史的建造物  谷口(旧住友銀行東松原支店)

アーキウォークのmakoto代表が連載記事を執筆しているアートフリーペーパー「Hiroshima EXsite」の1月号で建物紹介していた被爆建物谷口織物が昨日の中国新聞にも載っていました。
鉄扉がモニュメントとして保存されるという記事でした。
駅前再開発で取り壊される建物です。
a0070655_23192115.jpg

保存鉄扉はこのことかな
a0070655_23145140.jpg

裏はこんな感じ。れんが造です。
a0070655_23152570.jpg

a0070655_23161867.jpg

a0070655_23163439.jpg
a0070655_23164662.jpg

a0070655_2325121.jpg

a0070655_23142866.jpg

農業に恵まれなかった仁保一帯では移民が多くその人たちの海外送金に着目した住友銀行が出張所として建てられ被爆後は応急処置をして8月27日からここで営業をしたそうです。
かわいらしい建物です。
中に入ってみたかったな~。

住友銀行東松原支店
1921年(大正10年)
設計 住友合資会社工作部

「Hiroshima EXsite」こちらからダウンロードできます
http://hirojin.univnet.jp/news/detail/143

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-01-18 23:33 | 建物探訪 | Comments(4)
Commented by いのたか at 2013-01-19 08:35 x
雰囲気ありますね
旧い建築物は、時代を感じさせてくれますね
再開発で無くっていくのはさみしい限りです。
Commented by yumily_sketch at 2013-01-19 09:07
いのたかさん
建物が建てられた経緯・また時代背景・当時の建築の流行・被爆の様子などなど様々なことを語りかけてくれてます。
解体ホントさみしいです。
Commented by カネショウのだいちぱぱ at 2013-01-19 18:25 x
こんばんは。写真を見て映画タイタニックの冒頭の映像が浮かびました。海に沈んだタイタニックが鉄の塊から人たちをもてなしたり、夢を運ぶ処女航海へと出向する映像に変わるシーン。出来たばかりの建物を最初に見た人、関係者の方たちは想像できなかったでしょうね。建物ももっと役に立ったであろうに!!原爆を伝える人、モノが減っていくなかでちゃんと伝えていくことができるのかが心配です。残しておきたいですね。
Commented by yumily_sketch at 2013-01-21 13:02
カネショウのだいちぱぱ さん
写真からいろんなことを感じ想ってくださってありがとうございます。
うれしいです!!!
<< アクア・サンタ イタリアン 残したい風景  海友舎 >>