柳宗悦展

柳宗悦展に行きました。
a0070655_2226899.jpg
無名の職人による誠実な手仕事に美が豊かに宿ることに気づき「民藝」(民衆工藝)と名づけた人です。
宗悦は美の本性に触れるには何よりも「直観」の力が不可欠であると説いたそうです。
この場合の「直観」とは、「主観」とは違う意味のもので、人間が本来持っている美を感受する本能的な力を意味しています。
お弟子さんが入ったその日に焼き物を見せられてなんと言っていいのかわからないでいると
「遅い!!もっと鍛えなさい!」と叱られたそうです。
直感も鍛えれば磨かれるものなのですね。
それは変に知識を入れるということではなく無垢な心で見ること。今を見ること。。。。
「今見ヨ イツ見ルモ」宗悦
・・・・レベル高いです。
a0070655_2244228.jpg
a0070655_2245269.jpg
a0070655_2245910.jpg

柳宗悦は日本民藝館の創立者ですが建設資金を大原孫三郎が寄付していることを初めて知りました。
大原孫三郎は大原美術館を創られた実業家で尊敬してる人です。
ここにも関わっておられたとは!

民藝の美に改めて触れ満喫しました。
柳宗悦の長男柳宗理の作品も展示されています。


奥田元宋・小由女美術館
7/8 明日まで!


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2012-07-07 22:27 | アート | Comments(0)
<< テーブルコーディネートセミナー① 日本的性格  世界平和記念聖堂 >>