桜下亭⑤  三玲の敷石

敷石には「真」「行」「草」があり「真」は、正確にきちんと石を並べて置く、「行」は「真」より少し乱れを作って変化を、「草」は、自由に崩した風雅や趣きを基準にしたものだそうです。
お習字の楷書・行書・草書と同じです。
こちらは草かな。
a0070655_1441349.jpg
a0070655_1442476.jpg
a0070655_1443265.jpg



桜下亭
広島市安佐南区長束西3丁目9-17

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2012-03-06 15:17 | 建物探訪 | Comments(2)
Commented by y_and_r_d at 2012-03-06 17:48
こんにちは。
今のデザインにも通じる考え方ですね。
今日は午前中に「草」のデザインを
午後からは「真」のデザインをしましたよ。
Commented by yumily_sketch at 2012-03-07 00:44
y_and_r_d さん
なるほど。
そう考えると面白いですね。
どれも魅力ですね~。
<< 桜下亭⑥ 重森三玲の庭 桜下亭④  襖絵 >>