広島電鉄千田町変電所①

路面電車まつりへ行った目的はこちらの建物探訪です。
a0070655_2038852.jpg
a0070655_20383967.jpg
a0070655_20384797.jpg
a0070655_20381657.jpg
a0070655_20382512.jpg


爆心地から2キロメートル圏内の建物です。
ふたつとも赤レンガだったのですがひとつは白色の防水塗料が塗られました。


広島電鉄千田町変電所
広島市中区千田町2丁目9-29
1912年(大正元年)
れんが造

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-06-06 20:45 | 建物探訪 | Comments(4)
Commented by getteng at 2011-06-07 05:34
yumilyさん、
赤レンガに人事部がいた頃、校友の部長を訪ねて内部に入ったことがありました。
こういう建物は内部改装したら何にでも向くでしょうね。
Commented by 106 at 2011-06-07 06:40 x
遠目には煉瓦に見えませんね
保存に必要な措置なんでしょうが何とも味気ない
赤色の防水塗料があったらいいと思うんですけどね
Commented by yumily_sketch at 2011-06-07 10:09
getteng さん
私も今回赤レンガに入りましたが新建材で覆われていて少々残念な思いがしました。
Commented by yumily_sketch at 2011-06-07 10:11
106さん
そーーーーでしょう。
そうでしょう。
なんでこんな補修だったのか・・・!
現職員の方も残念に思われているようでした。
<< 広島電鉄千田町変電所② 100年前の電車 >>