Zumthor Tour⑬  セミナーハウス

建築ミュージアムでもあるヴィトラ社。
ここでは日本人建築家の創った建築もありました。
世界のANDOです。
ヨーロッパでも知名度高くて人気が高いのだそう。
この壁の向こう側がアプローチです。
a0070655_119977.jpg

みんなこの細いアプローチをお行儀よく並んで歩いて玄関に向かいます・てくてく
a0070655_1204850.jpg
a0070655_1174928.jpg
a0070655_1175855.jpg
a0070655_144362.jpg

a0070655_118876.jpg

a0070655_1182090.jpg

a0070655_129517.jpg
さくらの葉っぱ
a0070655_1182949.jpg


安藤さんはここで水を使いたかったそうですがヴィトラ社が「yes」と言わなかったそうです。
その後安藤さんはフォートワース現代美術館で水を取り入れた建築を実現されました。
「yes」と言えば良かったのに~と無責任に残念がる私・・(笑)
日本の安藤建築をたくさんみてるのでここでは新鮮さがなかったのが正直な感想だったのですがこの建築は1993年築。
私が見てるものよりこちらのほうが古いんだわー。
一瞬「世界のANDO!なんでここで力抜いたんだよー」と思っちゃった私・
ANDOさん ごめんなさい。。。

安藤忠雄海外初の作品だそうです。


ヴィトラセミナーハウス
設計:安藤忠雄
竣工:1993年

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-09-20 01:32 | 建物探訪 | Comments(2)
Commented by とも at 2010-09-20 19:34 x
こんばんは。
この建築って見学可能なんですね〜。
何となくイメージ的に「立ち入り禁止」かと思ってました。
大学生の頃に、この建築を初めて新建築で見たときには衝撃的でした。幾何学的な形態と、内部空間の複雑さに。そういえば、ゼミの先輩がこの建築の大きな模型をつくっていて、しばらく飾っていたんですが、いつの間にか誰かに捨てられてましたね。もったいない...
Commented by yumily_sketch at 2010-09-20 22:22
ともさんこんばんは。
見学ツアーに参加したので見学できたのかしれません。
私は海外にうとくてこの建築のこと知りませんでした。
アプローチの仕方などはいつもの安藤さんのお得意の手法でした。
内部は私の中では成羽美術館とかぶりました。
悲しいかなここでは心揺さぶられませんでした(>_<)
<< 建築を見て歩く愉しみ Zumthor Tour⑫  ... >>