築地本願寺①

築地本願寺は日本で建築史の学問を創始した伊東忠太の設計です。
伊東忠太は日本の近代にアジアの様式を導入しました。
こちらはインドの仏教建築様式です。
a0070655_9575321.jpg

a0070655_9573531.jpg

a0070655_9571819.jpg

a0070655_957624.jpg




高齢者白骨事件から信じられないようなことが起こっていますね。
先日知人の法要で住職さまが
「今日はよくお参りされました。
最近はお葬儀をされない人もふえているんですよ」
というお話をされました。
それは宗教的なこともありそんなこともあるのかなと思いましたが
電車の中の忘れものに遺骨が増えているというお話には驚きました。
忘れるはずのないもので故意なのだとか・・。

子どもの虐待事件にも心が痛みます。
日本人 どうしちゃったんだ!!!


設計者:伊東忠太
所在地:東京都中央区築地104
用途:寺院
竣工:1934年(昭和9年)


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-08-04 10:00 | 建物探訪 | Comments(0)
<< 築地本願寺② 広島の議事堂 >>