広島市江波山気象館④  被爆建物

ここは爆心地から3.7Kmにある被爆建物です。
建物裏側は補修をしないで当時のままで残されています。
迷彩に塗られたなごりが伺えます。
白いこんな魅力的な建物も当時は遠慮なく塗りまくられていたことがわかります。
市内には被爆建物の一部を残しているところはたくさんありますがここの残し方は現実感があります。
a0070655_11425583.jpg
a0070655_11431254.jpg

爆風で窓が曲がっています
a0070655_11432954.jpg




広島市江波山気象館
設計:広島県営繕課
所在地:広島県広島市中区江波南1-40-1
竣工:1934年(昭和9年)


yumily
広島ブログ





江波山気象館の塀です。
草ぼうぼうで気づきにくいけどこんなとこにもさりげなくデザインが・
屋上の腰壁に似せたのかな・

a0070655_1154756.jpg

[PR]
by yumily_sketch | 2010-06-06 11:56 | 建物探訪 | Comments(6)
Commented by 106 at 2010-06-06 22:08 x
被爆建物って原爆ドームだけじゃないんですね
考えたら当然の事なのに気が付きませんでした
迷彩に塗られた建物ってのも初耳です
広島の建物って違った見方が必要ですね
Commented by terr at 2010-06-06 22:18 x
yumilyさん、
なるほど、これは再訪しなければいけません。
Commented by yumily at 2010-06-08 07:00 x
106さん
現存する被爆建物(個人住宅を除く)はドームを入れ37件あるんですよ。
広島市に住んでいても知らなかったり行ったことがないところがあります。
解体の危機のある建物もあります。
Commented by yumily at 2010-06-08 07:01 x
terrさん
是非行って見てください。
Commented by 凛太郎 at 2010-06-09 15:36 x
この建物良いですね。
外観はもとより、内部のデザインも素晴らしいですね。
僕は表現主義の建物が好きなのですが、東京の表現主義の建物は次々に取り壊され、もう殆ど残っていません。
古典主義の建築より、一般の人には新しく感じられるのか、取り壊すのに躊躇があまりないようです。
(もしかすると、被爆建物であることが、ある意味では幸いしたのでしょうか?)
それにしても県の営繕で、これ程のデザインが出来るとは、よほど優れた設計者が居たのでしょね。
Commented by yumily_sketch at 2010-06-09 21:44
凛太郎さんいいでしょう♪
凛太郎さん好みですよね(^-^)
ブログを拝見していると東京にはまだまだ残っているんだなと感じていましたがそうでもないのですね。
保存活用の問題どこの地域も考えさせられますね。
<< シュモー会館 広島市江波山気象館③ 表現主義  >>